【タガイタイ旅行記】おすすめ観光スポットに行ってきた

マニラからバスで約1時間半!タガイタイは日帰りでも行ける、日本人にはあまり知られていない穴場観光地です。気温が低いため過ごしやすく、乗馬やボートなどアクティビティも豊富。フィリピン人からも避暑地として親しまれており、日本で例えるなら軽井沢のような場所なんだとか。のんびりとしていて治安も比較的良かったです。

かなえ
留学先で仲良くなったフィリピン人の友人たちに、おすすめスポットを教えてもらいました♪

まずはホテルを予約する

東南アジア旅行を頻繁にする私は、ほぼ毎回Agodaでホテルを予約しています。理由は、安い・簡単・東南アジアではホテルが豊富だから。エクスペディアなど他の予約サイトと比較しても安い場合が多く、希望のホテルランクや金額を指定検索できるなど、操作も簡単。

かなえ
今回のタガイタイ旅行もAgodaでホテル予約。お値段は星3つランクで1部屋2000円でした♪

マニラからの行き方

マニラからバス1時間半。パサイにあるバスターミナルからバスが出ており、フロントガラスにTagaytayと書いてあるバスが目印です。

バスの中に入ると添乗員さんにチケットを渡され、行き先分までの料金を払います。チケットに各行き先までの料金が書いてありますが、ちょっと見にくくわかりづらいので、「Tagaytay!」といえばいくらか教えてくれます。笑 ちなみにわたしが行った際は80ペソでした。

タガイタイに着いたら、移動はトライシクルがおすすめです!ただし観光地なのでマニラと比べると初乗りは高く、加えてぼったくりも多いので、きちんと交渉しましょう。



ランチは傘が可愛いインスタ映えレストランで♪

Bag of Beans Cafe and Restaurantでまずは腹ごしらえ!天井一面に広がる傘は超インスタ映えです。お料理を待つ間に写真大会!

パスタなどの洋食から、フィリピン料理までメニューは幅広いです。せっかくなので代表的なフィリピン料理、クリスピーパタなどを注文して友達とシェアしました。控えめに言ってめちゃめちゃ美味しいですよ。

アクティビティ①タール火山までボートで向かう

タガイタイの一番の目玉であるタール火山はおよそ700メートル、世界最小級の活火山です。活火山のため、地面から煙が出ているところを見れるのがスゴイ!タール火山は湖に囲まれているので、まずはボートで山の麓まで向かいます。かなりスピードの速いボートなので、テンション上がりますよ。ボート代はグループで1台1000ペソ〜です。

アクティビティ②乗馬で山頂まで登る

山の麓に着くと、そこには馬がたくさん。なんと馬が山頂まで連れて行ってくれるんです!片道30分ほど、上り下り往復で乗馬代500ペソ(別途チップ代50ペソくらい)です。もちろん歩いて登ることもできますが、日本では考えられない破格ですし、活火山のためかなり暑いということもあるので、乗馬がおすすめです!

好きな馬を選んで出発!スタッフの方がマンツーマンでついてくれるので安心です。写真もたくさん撮ってくれました!

スタッフの方は英語が話せるので、この仕事で楽しかったことや、馬の訓練について話してくれました。会話していたらあっという間に山頂に!

山頂に着きました。湖に囲まれているタール山からの眺めは本当に絶景でした!こんなにも壮大な自然がマニラからすぐ行ける場所にあるなんて、驚きです。

かなえ
あぐらかいて座ってますが、かなりの高さに震えてました笑

アクティビティ③バーでナイトライフを楽しむ

タガイタイの夜はバーがおすすめです。外で飲むのに気温もちょうど良く、マカティのように激しいクラブのダンスもなく、日本人が楽しみやすいバーが多いです。

外部サイト
「タガイタイでおすすめのナイトライフスポット5選」

5 Must-Try Night Life Destinations in Tagaytay

カップの中にボールが入らなかったらビールを飲む、フィリピンならでは?の飲みゲームができるボートもあり、初挑戦!ナイトライフもフィリピンをエンジョイしましょう♪

まとめ

タガイタイは自然が好きな方、体験系アクティビティが好きな方、マニラの暑さから逃れたい方(笑)におすすめです。

かなえ
私はフィリピンの様々な観光地に行きましたが、タガイタイ、ボホール島、セブ島がトップを争う楽しさでした。

マニラからすぐ行けるので、是非足を伸ばしてみてくださいね。